CHECK

平屋の基礎知識!メリットやデメリット・費用目安・失敗しないポイントなどを分かりやすく解説!

生活、家事の導線の効率化を図れる、家族と顔を合わせる機会が増えてコミュニケーションが取りやすいのが平屋の魅力です。
2階、3階と縦に長い戸建て住宅と違って、ワンフロアーに全ての部屋を設置しなくてはいけないため、敷地面積が広くなります。
坪数が増えることで、家造りに掛かる費用が1000万円から1500万円と高くなりやすい点もデメリットの一つです。
ハウスメーカーの提案を鵜呑みにするのではなく、自分の意見もしっかりと主張していくことが、コスト減に繋がります。

平屋の基礎知識!メリットやデメリット・費用目安・失敗しないポイントなどを分かりやすく解説!

平屋住宅は、同じフロアーに全ての設備を設置する形になるので、効率の良い生活、家事動線を実現しやすくなります。
フロアーで生活が分断されないことで、家族で顔を合わせる機会も増やせるのも魅力の一つです。
メリットも多い反面、敷地面積が広くなることで総工費が高くなりがちというデメリットもあります。
地域によって若干の違いはありますが、平屋の建築費用は2LDKの20坪前後で1000万円弱、3LDKの26坪程度で1500万円弱です。
ハウスメーカーの提案通りに設計をすると費用が高くなることもあります。
家の材質や設備選びなど、基礎知識を身に着けておくことが大切です。

近年人気を集める平屋住宅!建築総数に占める割合も上昇傾向

以前は2階建てや3階建て住宅が人気を博しており、都心部の狭い土地でも十分な住まい環境を手に入れられると言われていました。
ところが昨今では、郊外だけでなく首都圏でも平屋住宅を建設なさる方が多くなりました。
特に若い世代でその傾向が高く、充実した暮らしを手に入れられると話題になっているほどです。
そこでここでは簡単に、平屋の魅力を見ていくことにしましょう。
まず平屋は日本では古くから存在をしており、国内では京都などでは90パーセントもの割合が占めています。
都心部ではまだ4割程度と少ないですが、これは平屋に見合っただけの土地を確保するのが難しいからです。
埼玉や群馬・栃木といった郊外にいくほど、割合は増しています。
これらの土地では100平方メートルのスペースでも1坪10万円以下の価値となるため、広いスペースを確保しやすい傾向です。
そのため、積極的に建設に励まれる方も多く、地方に移住をして手に入れる方が多くなりました。

平屋には2階建てにはない様々なメリットがある!

全ての生活空間がワンフロアに収まっている平屋は、上下への移動がないため効率的な動線を作りやすい、バリアフリーを実現できる、家族間のコミュニケーション活発化が期待できるといったメリットがあります。
例えば、1階で洗濯して2階のベランダに干す、2階の掃除のために掃除機を持って階段を上がるといったことがなくなるので、効率的に生活することが可能です。
また、階段からの転落は家庭内でよく起こる事故のひとつですが、階段がない平屋は転落事故が起こらないので高齢者や小さなお子さんがいる家庭でも安心です。
さらに、2階がない平屋ではリビングを中心に家族が顔を合わせる機会が多い傾向があるため、コミュニケーションが取りやすくなります。
2階建てや3階建ての住宅では、子供が帰宅後すぐに階段を上がって自室に直行してしまうため何時帰ってきたか分からないという声をよく聞きますが、平屋ではこのような状況が起こりにくくなります。
その他にも、外壁や屋根のメンテナンスの際に大がかりな足場が不要なのでメンテナンス費用が抑えられる、住宅に高さがないため地震に強い、構造的に安定しているため大空間や大きな開口部を設けやすいのも魅力です。

平屋にはどのようなデメリットがある?

平屋は、生活動線の効率化が図れる、バリアフリー化しやすい、地震に強い、メンテナンス費が削減できるといったメリットがありますが、一方でメリットだけでなくデメリットもあるので注意が必要です。
平屋は、同じ延べ床面積であれば2階建て住宅よりも広い敷地が必要になります。
特に土地の値段が高いエリアで広い家を建てようと思ったら、相応の費用がかかるのでこの点は念頭に置いておきましょう。
また、2階建てや3階建てと比べて坪単価が高くなる傾向があります。
これは工事単価が高い基礎と屋根の面積が2階建てや3階建てと比べて広いためです。
ただし、平屋は階段や2階の水回りが不要なので、その分の費用は抑えられます。
日当たりや風通しが悪くなりがちなのもデメリットのひとつです。
特に部屋数が多くなると、建物の中心部の部屋は日当たりや風通しが悪くなりやすいため、天窓や中庭を設けるなどの工夫が必要になります。
さらに、1階しかない平屋は建物の外からの視線が気になることがあるので、周辺環境によってはプライバシー面を考慮しておくことが重要です。

平屋に向いている人・向いていない人はどんな人?

平屋に向いている人の特徴としては、家族とのコミュニケーションを重視したい、夫婦のみや一人暮らしでコンパクトに一戸建てに住みたい、老後に向けて住み替えがしたい人には向いていると言えるでしょう。
またバリアフリー対応の家に住みたい、昔の和の趣を感じる家を希望する、郊外や田舎で暮らしたいケースも向いています。
バリアフリーやコンパクトさなど、二階建てにはないメリットがあります。
環境を重視することにより。
自然と触れ合える、開放感があるなどの理想の生活を実現することができます。
長く生活することを踏まえ、自分がどのようなことを大切にしたいのかを考える必要があります。
反対に平屋に向いていない人としては、プライバシーを重視する人、大家族であるケースなどが挙げられます。
平屋となるとどうしてもプライバシーを守ることが難しくなります。
2階建て以上にして、ここに部屋を設けることが重要と言えるでしょう。
平屋を立てるのであれば、本当に向いているのか、向いていないのかをよく見極めた上で検討する必要があります。

平屋に関する情報サイト
平屋のメリット・デメリット

生活、家事の導線の効率化を図れる、家族と顔を合わせる機会が増えてコミュニケーションが取りやすいのが平屋の魅力です。
2階、3階と縦に長い戸建て住宅と違って、ワンフロアーに全ての部屋を設置しなくてはいけないため、敷地面積が広くなります。
坪数が増えることで、家造りに掛かる費用が1000万円から1500万円と高くなりやすい点もデメリットの一つです。
ハウスメーカーの提案を鵜呑みにするのではなく、自分の意見もしっかりと主張していくことが、コスト減に繋がります。

Search